ゲームを買取りしてもらうのなら運転免許証などの身分証明書が必要

ゲーム11

プレイしなくなったゲームを売りたいときは、買取りをしているお店に持ち込み査定をしてもらいましょう。査定してもらった金額で納得できたのなら、取り引きをすることになりますが、その場合は運転免許証などの身分証明書が必要になります。

こちらでは、なぜ身分証明書が必要なのか説明することに加えて、用意したとしてもゲームソフトを売却できないケースを紹介したいと思います。

身分証明書を求められる理由

ゲーム21

売りたいゲームソフトを買取店に持ち込んだときに、身分証明書を持っていなくて、拒否された経験がある方もいるかもしれません。それは、古物商を行う上で、『本人確認をしなければいけない』という決まりがあるからです。

古物商は盗品の売買などの犯罪に巻き込まれやすいので、それを避けるためには仕方のないことだといえます。もしも、身分証明書の提示が求められない場合は、法律を守っていないことになるので信頼できるお店とはいえません。

なお、本人確認が必須となると、運転免許証やパスポートなど、顔写真がある身分証明書が必要だと思う方もいるでしょう。しかし、保険証やマイナンバーカードなど、顔写真がなくても、公的に発行されたものならば問題なく利用できます。

身分証明書をだすタイミング

ゲーム14

お店にゲームソフトを持っていき、査定をしてもらうときは、身分証明書は必要ありません。しかし、査定の金額に納得して、売却したいと考えたときは身分証明書の提示が必要になります。もちろん、スタッフがしかるべきタイミングに身分証明書が必要だといってくれるので、そのときに運転免許証なり保険証なりを渡すようにしましょう。

渡したあと、身分証明書を見ながらメモを取られるかもしれませんが、必要なことなので見守りましょう。


宅配買取を利用するなら

買取店によっては、実店舗の店頭買取だけではなくダンボールなどにゲームソフトを入れて送れば、査定をしてくれるシステムがあります。それは、宅配買取と呼ばれていて、遠方のお店も利用できるようになるため、近くに高く売れるお店がない方に人気になっています。

もしも、宅配買取を利用するなら、身分証明書をそのままダンボールに入れないようにしましょう。コピーでも問題なく査定を受けつけてくれるため、原本を入れる必要はありません。原本を送ってしまうと、返却してもらうのに手間がかかりますし、下手をすると紛失してしまい二度と戻ってこなくなります。

ちなみに、宅配買取を利用する場合は、買取承諾書もダンボールに入れなければいけません。実店舗ならば、査定が終わったあと金額に納得した場合のみ、買取承諾書に記入をします。しかし、宅配買取の場合はそれをやってしまうと、二度手間になるため、最初から同封することになっています。

買取承諾書はお店のホームページでダウンロードできるので探してみましょう。

身分証明書があっても売却できない場合もある

ゲームソフトと身分証明書があれば、どのようなタイトルでも、問題なく買取ってくれると考えるかもしれません。しかし、ゲームソフトの状態によっては、買取りを拒否される場合があるのを知っておきましょう。特に、宅配買取を利用するときは、返却に時間もかかりますし返送料がかかる場合があるので気をつけたほうがよいです。

メディアにキズがあると売れない

DVDやブルーレイなどのメディアにキズがある場合は、買取りを拒否されることがあります。ゲームが起動できなければ拒否されるのは当たり前ですが、起動できたとしても、大きなキズの場合は買取ってもらうのは難しいでしょう。

もしも、買取りしてもらえたとしても、査定額が大幅に下がるのは覚悟しておかなければいけません。なお、メディアについた小さなキズは、研磨をすることで、キレイにできる場合があります。しかし、下手に研磨をして、キズが広がるとさらに査定額が下がってしまいます。

そのため、専門の機器や研磨材を持っていない限り、査定が下がることを覚悟して、そのままスタッフに渡しましょう。関連サイト⇒ゲーム買取値段

→ゲーム買取を早い手続きで行う業者を利用する利点と注意点

フィルムがついたままでは売却できないことも

新品のゲームソフトには、ケースの外側に透明なフィルムがついています。そのフィルムをつけたままでは、ゲームソフトを売却できない場合があります。フィルムがついているのは、新品の証なのに、売れないのはおかしいと感じる方もいるでしょう。

しかし、これは過去に新品のゲームソフトを万引きして、フィルムがついたままお店に売るような犯罪者がいたせいで定められた制限です。お店は犯罪の片棒を担ぐことはできませんので、フィルムがついたままでは、万引きされた可能性があるとして買取ってくれない可能性が高いです。

しかし、フィルムつきでも問題なく売却できるお店も存在するので、間違って同じタイトルを複数購入してしまった場合は、対応してくれるところを探しましょう。ただし、実店舗では余り多くはないため、インターネット上で全国にあるお店の中から探すことをおすすめします。

宅配買取を行っているのなら、例え遠方のお店だったとしても問題なく売却できます。なお、探すのは手間や時間がかかりますので、それが面倒ならば、フィルムを破ってしまい、近場のお店に売ることを考えたほうがよいです。

プレミアがつくようなタイトルならば新品未開封には価値がありますが、そうでないタイトルならばフィルムがある状態に価値はないため、破ったとしても査定額はそれほど変わりません。

レジストレーションコードを利用するゲームソフトは売れない確率が高い

ゲームソフトの中には、レジストレーションコードが付属するタイトルがあります。それが『攻略がしやすくなるアイテム』や『初回限定特典』などを入手するために利用するのなら、売却するのに何ら問題はないでしょう。

あくまでオマケとして付属しているので、レジストレーションコードがなかったとしても、買取り拒否もされず、ゲームソフトの査定額が下がることはありません。しかし、ゲーム本編をプレイするために必要なレジストレーションコードの場合は問題となります。

その理由は、そういったタイトルのレジストレーションコードは、一度入力したら、ほかの方は入力できなくなるからです。つまり、レジストレーションコードがなければ(入力済みならば)、他者はプレイができないので、そのゲームソフトには価値がまったくないことになります。

そのため、レジストレーションコードを利用するオンラインRPGなどのタイトルは、買取ってくれない可能性がとても高いです。ただし、フィルムを剥がしていなければ、レジストレーションコードを使っていない証拠になるので売却できるチャンスはあります。